生命保険の支払いは月々いくらかかる?金額の相場や保険料の決め方について

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/09/06

将来への備えには生命保険が不可欠ですが、「保険料はどれくらいが適切?」と疑問に思う方も多いことでしょう。保障の重要性と負担のバランスを考えるために、平均保険料や選び方について理解しておくことが大切です。この記事では、一人あたりや世帯あたりの保険料の平均支払額と適切な保険選びについてご紹介します。

生命保険の保険料は平均でいくらかかるのか

ここでは、生命保険の保険料は平均でいくらかかるのか一人あたりや世帯あたり、ライフステージ別に平均支払額を紹介します。

一人あたりの保険料の平均支払額

生命保険の保険料は、加入者の性別や年齢、選ぶ保険の種類によって変動します。具体的な数字を見てみると、公的機関によると、実際に保険料を支払っている人の年間平均保険料は、全体で約17.9万円です。

男性の場合は約20.6万円、女性は16.0万円となっています。月平均支払いでは、男性の33.0%、女性の44.1%が1万円未満を支払っています。

【世帯主年齢別】保険料の平均支払額と【世帯年収別】保険料の平均支払額

世帯主の年齢別では、年間平均保険料が変動しており、2009年の45.4万円から2021年には37.1万円に減少しています。

また、世帯年収に応じて保険料の支払額も変わり、世帯年収が高くなるにつれて支払額も増加する傾向があります。ただし、低所得の世帯ほど、世帯年収に対する保険料の割合が大きくなることも考慮すべきポイントです。

【ライフステージ別】保険料の平均支払額

また、家庭のライフステージによっても保険料に違いが見られます。例えば、子育て中の世帯や子どもが就学後の世帯では、他の世帯に比べて保険料が高いことがあります。これは、保険の種類や保障内容がライフステージに合わせて調整されるためです。

将来の変化も予測しつつ、現在のライフステージだけでなく、将来を越して保障内容と保険料をバランスよく検討することが大切です。

生命保険の保険料を決めるポイント

保険料の平均支払額について説明しましたが、ここからは保険を選択する際の重要なポイントに焦点を当ててお伝えします。保険料の平均支払額だけでなく、保険選びにおいて考慮すべき3つの要素を詳しくご紹介いたします。

保険の種類と内容

生命保険の保険料は、保険の種類や内容によっても影響を受けます。たとえば、終身保険と医療保険では保障の範囲や特典が異なり、保障が充実すれば保険料も上がります。自身のニーズや家族構成に合わせて適切なプランを選ぶことが重要です。

生命保険は貯蓄型保険と掛け捨て型保険に分けられ、支払う保険料の金額や受取るお金の有無が異なります。貯蓄型保険は契約者に払い戻されるお金があり、掛け捨て型保険は少なくなります。選ぶ際は保険の仕組みを確認し、自身に合った商品を選びましょう。

支払い方法と保険金額

保険料を決める際、支払い方法や保険金額も大きな影響を及ぼします。一括払い、分割払い、毎月の支払いなどによって保険料が変動し、保険金額が高ければ保険料も増加しますが、バランスを保ちながら保障を選ぶことが大切です。

ただし、これらはあくまで「目安」であり、個人のライフステージや年齢、資産状況によって必要な保障は異なります。平均支払額に囚われるのではなく、まず必要な保障を確認し、無理なく続けられる保険料を選ぶことを心掛けましょう。

将来のライフステージの変化を考慮する

生命保険を選ぶ際には、ただ現在の年齢や状況だけを考慮するのではなく、将来の展望も見据えましょう。仕事の変化、家族の増減、子どもの成長などの将来の出来事によって、保障や家計の状況が変わることがあります。これらのライフイベントに柔軟に対応するためにも、定期的な保険の見直しは重要です。

自分に合った生命保険の選び方

生命保険を選ぶ際の重要なポイントは以下の3つです。まず、ライフステージに合わせた保障内容を考えることが大切です。結婚や子育て、将来の目標に合致する保険を選んで長期的な安心を確保しましょう。

次に、保険の種類と内容を比較検討します。終身保険や医療保険など、ニーズに適したプランを見極めることで、適切な保障を獲得できます。

最後に、予算を考慮して保険料を設定します。支払い方法や保険金額を調整し、将来も負担を軽減しながら、必要な保障を確保することが大切です。自身や家族の将来を見据えつつ、これらのポイントを踏まえて慎重な選択を行いましょう。

まとめ

この記事では、一人あたりや世帯あたりの保険料の平均支払額と適切な保険選びについてご紹介しました。生命保険は将来に備えるうえで欠かせないものですが、自分に合った選択が大切です。

一般的な保険料を把握しつつも、ライフステージや将来の変化を考慮して、適切な保障を選ぶことをおすすめします。この記事が皆さんの適切な生命保険を見つけるお手伝いになれば幸いです。

おすすめ関連記事

検索

【その他】名古屋市の保険相談窓口

【NEW】新着情報

日常生活には、事故や病気などさまざまなリスクが潜んでおり、突発的なトラブルはつきものです。状況によって、高額な費用が発生する場合もあり、生活を圧迫する可能性があります。 保険は、このような突
続きを読む
働き始めたばかりの20代にとって、大きなケガや病気の際の治療費を支払うことは難しいでしょう。もし生命保険に加入していれば、このようなケガや病気のリスクに備えることができます。この記事では、2
続きを読む
将来への備えには生命保険が不可欠ですが、「保険料はどれくらいが適切?」と疑問に思う方も多いことでしょう。保障の重要性と負担のバランスを考えるために、平均保険料や選び方について理解しておくこと
続きを読む